茶道

Tea Ceremony

茶道

翡翠流茶道とは



翡翠の茶道は、千利休の侘び茶にさらに武士の想いを意識した静かで凛々しい動き方を致します。翡翠流茶道のお稽古を続けていきますと、自然と静けさに身を置いたようなゆったりとした呼吸が身に付いていきます。同時に、自然や日本の伝統行事などに対する感性が磨かれ、心が細やかに、そして豊かになっていきます。
一服の茶を口にするとき、心が落ち着いてゆくのがおわかりになるでしょう。移ろいゆく自然に心をゆだね、背筋をピンと伸ばして、「翠庵」にお座りください。

茶道には欠かせない和装(着付け)、掛け軸の勉強になる書道、所作が美しくなる居合(抜刀)も同時に学ぶこともできるのがHiSUiの茶道の特長です。
HiSUi TOKYOは上質な日常を提供していきたいと考えておりますので、通われる方が銀座の街を散歩して、綺麗な茶室に座り華やかな気持ちでお稽古を受けられる空間をご用意しております。


家元制度をとらず、気軽に始められる嗜み



元来、茶道には家元制度というものがあります。家元制度は日本の文化の一端でもありますのでそれ自体が伝統の一つなのではないでしょうか。翡翠流茶道の講師陣もそういった中で数十年に渡り茶道を嗜んできたプロフェッショナルばかりです。

しかしながら、そういった少し特殊な制度があるがゆえ、通常の教室ではお免状の取得に相応の費用が掛かかるなど諸々の風習が存在し、茶道へのハードルをあげているのも確かなのではないでしょうか。

HiSUi TOKYOは和の文化を継承し、さらに東京から世界へ日本文化の良さを伝えていきたいと考えておりますので、私達は家元制度をとらず、お免状の取得等の費用もかからず、自分のペースで続けられるようになっております。
茶道は終わりの無い心の旅ですので、教室という枠に囚われずじっくりと茶道に向き合えるよう配慮しております。もちろん長く続けていきますと、翡翠流の師範になることも可能です。


本格的なお稽古内容



年間を通して、1ヶ月ごとに季節に合わせてお点前が変わります。人も自然の一部であるという考え方で、移ろいゆく季節のなかでしなやかな所作と凛とした品格、そして豊かな心を育みます。

翡翠流のお稽古では、お道具ひとつひとつも、週ごとに替わる掛軸や茶花も、季節をあらわす上質なものをしつらえています。
茶室の翠庵は、安土桃山時代の美を素材や設計にもこだわって再現した茶室で、茶道経験者が見ても驚く本格的なつくりになっています。東京・銀座にいながら本物の茶室でお稽古ができるのも、翡翠流茶道の魅力のひとつです。


初心者でも始めやすいしくみ



家元制度をとらないことの他にも、通いやすいしくみがHiSUiにはあります。

茶道教室では珍しい自由予約制(通常は曜日や時間が固定)ですので、ご自身のスケジュールに合わせて通うことが可能です。
また料金は月謝制となっておりますので、まずは少しの間試してみたいという方も気軽に始められるようになっています。

熟練した講師陣は知識の豊富さはもちろん、和の文化を伝えていきたいというHiSUiの理念の通り、丁寧に細やかにご指導しております。
所作をきれいにしたい、日本文化を学びたい、ゆったりとした時間をすごしたい、マナーを学びたいなどなど、様々なお気持ちにお応えできる環境がそろっておりますので、是非一度ご体験にいらしてみてください!

HISUI TOKYO

HISUI TOKYO