前回は素振りまでご紹介しました。
今回は型についてです。

素振り100回が終わりましたら、型のお稽古です。
初心者の方には初伝、経験者・段位をお持ちの方には中伝です。
それぞれ6本あります。
(もちろん座り技など他にもありますよ)

型は全ての基本であり、奥深いと思っています。
なぜならば、動きに理(ことわり)があるからです。
ところが、キチンと型をしようとすればするほど、上手くできない自分がいます。
ある部分がうまくできれば、実は他のところがよくないというのは
日常茶飯事です。。。


ともすれば型を軽視しがちです。
以前の翠峯もそうでした。
ところが、数年前から体術を始めたところ、型の重要性に気付かされました。

体を練る・刀や手足の位置を知ること、
もっと言えば、美しい形は正しい形であること。
これは抜刀だけではなく、他の武道や習い事にも共通するのではないでしょうか。

翠峯