翠耀(すいよう)先生による「俺の茶道」が、
先月に引き続き開催されました!

日頃、目にすることの出来ない様々な形の
“茶入れ”が一堂に会しました。
そのまま、抹茶を入れておく入れ物です。

一言に茶入れといっても、いわゆる薄茶に適した
棗(なつめ)から、主に濃茶であつかう
象牙の蓋に仕履(しふく)と呼ばれる、
茶入れを保護する布地の袋をともなった
肩衝(かたつき)まで様々な景色があります。

お茶は、もともとは薬として扱われており、
その原型がみられるのは室町時代に遡ります。
その後、武将の間で爆発的に広まり、
今で言うゴルフのような社交の場でもあり、
身分の高い殿方はこぞって銘のある茶器を求めました。

中でも高級茶器の肩衝の価値は、
一国以上にも値するといわれていました。

今回は、作成するに大変難度が高い、真ん中が
くぼんだ河太郎(かわたろう)、
蓋と身の合わせ目(合口)が胴のほぼ中央にあり
もとは肩衝きのケースであったものが棗として
も用いられるようになったともいわれる
中次(なかつぎ)や、大棗(おおなつめ)など
様々な茶入れについて学びました。

image1
image3
image2
翠耀先生お手製、あまりにフォルムが美しく
茶道界の新聞にも掲載された丸棗(まるなつめ)の
力作なども含め、実際に手に触れさせて頂き、
本当に至福の時となりました。

また、本日の主菓子は2016年4月27日に
松屋銀座店にオープンしたばかりの
「五穀屋」の五穀おはぎ「はるごと」が皆様に!

からだに美味しい和の知恵菓子ということで、
イタリアのメディチ家 リッカルディ宮殿にも
献上された大変由緒あるお菓子で、
出席して下さった皆様はとても喜んでくださいました。

最後に、本日の題材である「夢」という
お軸にちなんで、若き皆様の壮大な目標に触れ
素晴らしい会となりました。
皆様の崇高な夢がかなわれますように。^^